fchiba memo

AndroidをカーオーディオのAUXに接続して、車の運転中にpodcastなどを聞いています。カーオーディオと違ってAndroidにはハードウェアキーが無いので、運転中に番組のスキップや早送りなどができなくて困っていました。

「マイク付きヘッドホンアダプター」という商品名で、任意のイヤホンにマイク&リモコンを後付けできる製品(たとえば audio-technica AT338iS や ELECOM MPA-IP353M3 など)が売られているのですが、https://source.android.com/accessories/headset-spec.html を見る限りそれほど大げさな構造ではなさそうなので自作してみることにしました。

とりあえずボタンは1つだけあればよい(ボリュームはカーオーディオで操作できるしvoice searchなんて使わない)と割り切ります。リモコン付きマイクとして認識されるためには、マイク端子に、
・ボタンを押していない状態で1kΩ以上(マイクのインピーダンス。試したところ5kΩあれば安定)
・ボタンを押している状態で0Ω
の抵抗があればよいそうなので、抵抗とタクトスイッチをユニバーサル基盤の切れ端にはんだ付けしてリモコン部分は完了。

DSC_0413


これを、そのへんに転がっていた、3.5mm 4pinジャック~RCA端子のケーブル(Xboxの付属品)に接続すれば完成。

DSC_0414

(このXboxのケーブル、幸いなことにピン配置がCTIAというスマートフォンで使われている規格と同じで根元から2番目がグラウンドになっていました)

基盤むき出しがダサいですが、とりあえずしばらくこれで運用してみたいと思います。


Android版Chromeで、ちょっと前のバージョンから、ホーム画面に作成したショートカットをタップしても該当ページが開かない問題が発生しています(Chrome自体は起動する)。しかし、Chromeのレビューを見ると再現している人としていない人がいるようです。

で、調べてみたところ、手近な端末だとXperiaホームでだけ発生しているっぽいです。
 
■正常に起動するもの
Nexus7, Nexus5, Xperia Z2のdocomoホーム画面

■起動しないもの
Xperia Z2のXperiaホーム


正常に起動する場合のlogcatはこんな感じ。

11-05 15:10:13.066 I/ActivityManager(  660): START u0 {act=android.intent.action.VIEW dat=http://m.yahoo.co.jp/ flg=0x10000000 pkg=com.android.chrome cmp=com.android.chrome/com.google.android.apps.chrome.Main bnds=[12,853][276,1152] (has extras)} from pid 1118
 
一方起動しない場合は、

11-05 15:11:03.675 I/ActivityManager( 1051): START u0 {act=android.intent.action.VIEW dat=http://m.yahoo.co.jp/ flg=0x10200000 pkg=com.android.chrome cmp=com.android.chrome/com.google.android.apps.chrome.Main (has extras)} from pid 1695
 
で、 FLAG_ACTIVITY_RESET_TASK_IF_NEEDEDが立っています。

手動でamコマンドで実行しても同様の結果です。
adb shell "am start -d http://m.yahoo.co.jp/ -a android.intent.action.VIEW -f 0x10000000"
→OK
adb shell "am start -d http://m.yahoo.co.jp/ -a android.intent.action.VIEW -f 0x10200000"
→NG



残念ですが、暫定的な解決策はXperiaホーム使わない、ですかね…

みんな大好きShimanoの格安ホイールWH-R501のエンド幅を135mm化したのでメモを残しておきます。ネット上にはWH-R500を135mm化した記録は沢山ありますが、R501のほうは少ないので。

注:これを参考にする場合は自己責任で!!

今回の目的は、完成車についていたWH-R501を通勤用クロスバイクに移植することです。

使ったのはDeoreのリアハブ FH-M590です。
FH-M590部品構成
WH-R501部品構成
R501の左ロックナット(図中6の3部品)とハブ軸(図中5)を、Deoreの左ロックナット(図中6)とハブ軸(図中5)に交換します。
なお、右ロックナットはオリジナルのまま使います。一見FH-M590とWH-R501で同じに見えますがFH-M590のほうが微妙に短いため、チェーンとフレームが干渉してしまいます(最初やってしまった)。

あとは、センターがずれているので調整します。本当はスポーク長とか考えないといけない気がするんですが、2.5mmなのでエイヤで左側のニップルを締めて完了。(センターゲージは使いました。念為)

まだ実際に走っていませんが、とりあえず変速は問題なさげです。 

なお、この方法がR500で使えるかどうかは不明です。部品構成を見るとロックナットの部品点数が違っていたりするので。

最後にもう1回。参考にする場合は自己責任で!!
 

このページのトップヘ